スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新十津川大会レポート④





▲今回も遺影参加となった副会長ぺこ氏の大好物「つぶつぶみかんバー」、常軌を逸脱した濃厚さが特徴的な「ショコラグラッセ」、皆が嫌いなモノを何故か選択した「玉露と抹茶のアイスバー」、そしてバトルアイスには欠かせない「アイスキャンディーソーダ」。



開始から快調に飛ばしていくtaka選手。やはりアイスマイスターの異名は伊達ではない。
それに食い下がるようにして後を追うにゃーとaria選手。
ゆーくん選手はスローペースながらも確実にノルマをこなす。


今大会はこれといった上級テクニックはあまり見られず、おまけにトークすら薄かった。
だがこれはコンディションによるものであることは言うまでもない。

地道にアイスを食べていくこの新十津川大会は正に「我慢の闘い」。集中力が切れは即、負けを意味する。


5~6本食べた辺りでtaka選手まさかのリタイア宣言。とはいえ暫く参戦しておらずブランクもあるので致し方ないとも言える。バトルアイスに無理は禁物なのだ。


最悪のコンディションとはいえ、これを逆手に取る戦法が今大会の正攻法とも取れた。氷点下でノルマアイスは雪に突っ込んで置いた形でセットしていたため、Nウォームの脅威は皆無だったのだ。

しかし一部の選手のアイスは後半ややアネハってはいたが。


さらに降りしきる雪でノルマアイスが見えなくなり、選手間のノルマ確認に混乱するアクシデントにも見舞われた。カメラを回して三十分、基本冷気に弱く、おまけに開始前に一度不慮の事故で雪中ダイブをしたにゃーのデジカメは息を引き取った。バッテリー的な意味で。


そんな悪戦苦闘の中、先に完食したのはaria選手。脅威のノルマ12本を物ともせずな姿勢はさすが鉄人。

続いてにゃーも完食。

それから暫くは残ったゆーくん選手の戦いを皆で見守る形に。

危なっかしくもなんとか完食を果たしたゆーくん選手、ブランクも相当あるはずなのだが大健闘した。



最悪とも取れるコンディションの中、無事に第22回新十津川大会は終了した。

この模様は後にニコニコ動画などでアップされる予定だという。久々の新作に我々も期待が否応なしに高まるというものだ。




記事:氷澤 藍洲
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。