スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.5 第22回バトルアイス新十津川大会レポート①


前年に比べ、かなり積雪が目立った今年。
バトルアイス公式競技化四周年を記念とする12月5日に第22回BI新十津川大会が開催された。

今回の参加メンバーは
久々の参戦となる元祖アイス・マイスターtaka選手、今やお馴染みとなった鉄人aria選手、これまた久々の参戦となるジェントルマンの異名を持つゆーくん選手。そして会長にゃーの四名だ。

当初はこれに札幌大会にも参加していたガッキー選手が参戦を表明していたのだが、残念ながら諸事情により今回は参戦を見送る形になった。


使用アイスの選択はガッキーとariaが取り決めてくれたのだが、ガッキーの参戦取消によって5人分のアイスを四名で振り分ける形になったのだ。

そして…それによって一人辺りのノルマアイスはなんと12本。即ち計48本のアイスが用意され、史上最多の本数を相手に戦うという厳しい幕開けになった。

さらに、厳しい条件はそれに留まらなかった。毎年この大会は寒さに悩まされはしたものの、天候には割りと恵まれていたのである。つまり雪は降らなかった。しかし今年は会場に着いてセッティングをしている辺りから雪が降り始め……

先に言っておくと、競技中盤辺りからは横殴りの軽い吹雪がプレイヤーたちを苦しめる事となった。


「なんとなく」と言ってから会長にゃーは会場にガソリンランタンと固形燃料を設置。ランタンは今年の浜益大会でも使われたものであった。

煌々と灯りをつけはじめるランタン。固形燃料は正直どうでも良かったが、会場が微かに明るくなった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。