スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回バトルアイス会議報告

少し遅くなりましたが、先日の会議レポートです。



2009年11月17日、火曜日。以前、バトルアイスの大会動画を収録した市内某所にあるtakaスタジオにて第7回バトルアイス会議は開かれました。


会議に出席したメンバーは
にゃー
aria
taka
に加え、
Yuu
Come(仮)
ゆーくん
の三名、計6名が参加。この三名は当日を以て、日本バトルアイス協会の新メンバーとなりました。


まず初めに取り決めたのは来月12/5に控える新十津川大会について。この日はバトルアイスが公式競技化を果たしての初の大会を行った、記念すべき日であります。よって、毎年恒例の大会というわけです。

とりあえず現時点ではメンバー各員の予定が決まっていない(勤務先のシフトなど諸事情による)ため、それらがハッキリ次第、計画を練り直すことになりました。


次に、新たに加入した三名の新メンバーのHN(ゆくゆくネットなどで活動していく際の名前)を決定。とりあえずは先述の通りになりました。

役職などについては、追々取り決めていく方向です。


続いて、会長にゃーからの「ちょっとした提案みたいなもの」をプレゼンする前に、現時点でのバトルアイスに対する意見や不満点などをメンバー各員から聞いてみました。

・大会開催ペースを増やしたい(月1が理想的)

・公式ブログ更新頻度の向上

・宣伝活動の強化


が挙げられました。宣伝活動の強化について、技術部長であるtakaにはこれから先、大会動画をニコニコ動画以外でもアップしていってもらう…という事に。


そして会長によるプレゼンが行われました。
「バトルアイス改革の時。」と題されたプレゼン内容はずばり、「ポイント制の導入」について。

そもそもポイント制が無いことをウリにしてきたような部分もある今までのバトルアイス。これでは本末転倒では…?という懸念もされかねません。しかし我々はバトルアイスのプロであり、それを自覚すべく「プロらしい」スポーツをするべきではないか、という会長の意見です。

今までの大会は「ただアイスを沢山食べ続け、ダベッて終わり」というもの。厳しい見方をすればこうなります。確かにこれは楽しいのですが、熱さに掛ける内容でもあることは確かです。
少なくともニコニコ動画に上げているバトルアイス大会動画を見ていて「楽しそう」という反応があったとしても「やってみたい」という反応には少し遠い道のりではないかと判断しています。

今までの大会は寧(むし)ろ、バトルアイスのファンやフリークの皆様にやってもらいたい事であり、我々はもっと緊迫感に満ちた熱い闘いをしていかなければならないのではないか…というのが会長の意見でした。


ちなみにポイント制導入案のキッカケは、会長にゃーが別路線でやっている趣味「サバイバルゲーム」をヒントにしたものだそうです。会長が参加しているサバゲーチームにはポイント制があり、これにより緊迫感や向上心が期待できるとの推測でした。



ポイント制導入によるメリットを挙げていきます。

・メンバーの向上心や緊張感(緊迫感)アップ

・やはり見ている側にわかりやすい、バトルアイスの「バトル」の部分がより容易に見えてくる


…などなど。

今までバトルアイスを知らない誰かに教える際は必ず、「対人戦じゃないんだ」という反応を貰います。ヒト対ヒトではなく、ヒト対アイスという構図がどうしてもわかってもらいにくい。


ポイント制を導入すれば、見ている側にしても「競っている感」が伝わりやすいのではないかという見解です。

そして、ポイント制はどのようになるかを考えました。
敢えて…という意味で黒船(?)的立場である、エクストリーム・アイスクリームからパクってみるという事も考えました。今会議では詳細は決まらなかったものの、案は幾つか出てきました。

・年間を通し、ポイントランキング形式で競い合う

・メンバー4人以上が集まれば、チーム戦が可能。例えばタイム加算によるリレー方式など。

・リタイヤはマイナスポイント。食べた本数に応じてポイント加算。


会長の間違った勢いにより、シンクロ競技なる案が生まれましたが多分これはボツでしょうね。


バトルアイスは早食い競技ではないのですが、タイムという概念はポイント制競技において非常に「おいしい」点でもあります。

その他挙がった案については、競技中にボーナスタイムを設ける案。ボーナスタイム中は、ポイントが二倍!とかそんな感じですかね。


…続きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。