スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14回バトルアイス滝川大会レポート

8月9日に開かれた、第14回バトルアイス滝川大会。
今大会の参加者は
にゃー
taka
aria
peco
ガッキー
の全5名。・・・そう、実に2年弱振りとなる競技カテゴリ、オールスターズでの開催となったわけだ。
オールスターズの初開催は2007年の第二回沼田大会。メンバー各人の諸事情もあって、なかなかこのオールスターズでの競技は行われない。さらに、ついに先日帰郷を果たした副会長のpeco、久しぶりの参戦となるガッキー。有力所が一同に会した意味でも、今大会は記念すべきものであると言えよう。

開催場所は市内某所にあるpeco選手の自宅をお借りして行われた。もちろん今回も㈱シャトレーゼに使用アイスの提供をして頂いている。ノルマアイスは1人当たり7本。takaのみ、じゃんけんによって余った1本を追加され計8本での戦いを強いられた。

全36本のアイスが一瞬で消費された第14回大会。使用アイスについて紹介する。
ちなみに今大会では諸事情により、撮影した写真の掲載は見送りになったことをご了承いただきたい。

・アイスモナカ
バトルアイスでは異色の存在である最中タイプのアイス。液体落下の危険性は一見少ないように感じられるが、今回はモナカの変形による様々なアクシデントが選手たちを襲った。

・名水白州 かき氷ホワイトサワー
ニューカマーアイスで話題となった新種の氷菓。その美味しさも去ることながら、開封時から棒ごと抜けるほどの軟らかさは脅威。

・アイスキャンディーソーダ
もっともポピュラーな氷菓の一つ。暑いこの季節にはピッタリだが、急激に過剰摂取するとキーンと来るので要注意。氷菓らしく、熱による耐久性も高い。

・チョコバナナバー
その独特な風味に好き嫌いが分かれるアイス。薄くコーティングされたチョコを利用したユニコーンなどの上級テクニック、ラクトアイスの中でも比較的軟らかい性質を利用したカタヌキ系テクニックを駆使するのには丁度良い。

・レモンバー
会長にゃーにとって、公式競技化より以前に行われた競技が原因でトラウマとなっているアイス。本数によるものもあるが、今回、会長はこれを見事克服。シンプルかつ清涼感に富む氷菓。

・つぶつぶみかんバー
peco選手の得意アイス。単なる氷菓とは微妙に異なる内部構造や爽やかなフレーバーは、バトルアイス大会でももうお馴染みだ。

以上6種類。

高温期間ではあるが、規定上ノルマ本数的に保管は不可能。各自早くも解けてきたアイスに苦戦を強いられる。常時アネハるアイスに戸惑い、そして公式テーマ曲である「cool tak」や「愛の妖精ぷりんてぃん」により会場はいっそうカオスな雰囲気に。特にガッキー選手は、その奇妙とも言えるBGMに終始ペースを乱されていた。しかしpeco選手はこれを逆に利用。上級テクニックのダンシングバイトに
上手く繋げていた。会長にゃーもダンシングバイトを被せるが、peco選手はさらにアイスをブリーフパンツ状にカタヌキバサースト。そして続けるようにしてアイスを片側だけ残すという「変形型天の橋立(仮名。本家とは残す場所が異なる為)」を発動。
一気に勢いづいたpeco選手は、そのままトップで全アイスを食べきった。あとを追うようにして会長にゃー、aria、taka。そしてBGMに悩まされながらもなんとか無事に全アイスを食べきったガッキーがゴールイン。

溶け出しが早かったために一時は失格が危ぶまれたが、全員無事にノルマクリアを果たした。

この後、第五回バトルアイス会議が即席で開かれ、晴れてガッキーが広報部長に任命された。
もう夏も終わりに差し掛かっているのだが、スピーディな競技展開が魅力となる夏季。フリークならば是非ともその楽しさを味わってもらいたい。



(記事:RACKT)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。