スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6.25 第13回大会レポート【転載記事】

選手陣のスケジュールが合わず、急遽開催日を早める事となった第13回バトルアイス滝川大会。

もちろんニコニコ動画へ向けての撮影も兼ねた大会であるため、開催地は機材が充実しているtakaスタジオだ。

参加選手は
taka
aria
にゃー
の三名。前大会のリベンジと言わんばかりの荒々しくも活気に満ちた雰囲気が会場を包み込む。


選手達は、撮影用の衣装に身を包んだ。にゃーはこの日、自分らしいと自負する新衣装を披露。噂では、前回の衣装では納得いかないというのがリベンジの理由の一つだとか。


今大会の使用アイスは
赤ぶどうバー
かき氷ホワイトサワーバー
パリっと巻きチョコチョコバー
オレンジクリームバー
ラムネバー

の5種類、内容量各6本ずつ。1人当たり各味2本ずつ、計10本のノルマアイスで行った。


ちなみにラムネバー以外は大会初採用である。
会長にゃーによる開会宣言が終わり、いよいよ競技開始。
気温の高まってきた季節、さらに室内での競技。言うまでもなくN・ウォームは猛威を振るう。


にゃーが最初に開けたホワイトサワーはなんと棒から引き抜けてしまった。袋の中に残るホワイトサワー。「いきなりかよ…」選手達は驚きを隠せなかった。


とりあえず棒を差し直すにゃー。ホワイトサワーはミルク風味が心地よい逸品だが、溶けやすさも凄まじい。


溶け出したアイスは一気に口に押し込まなければ危険である。半ば強制的にペースを上げる必要に迫られた選手達。悶絶する会長にゃー。開始直後から大会は熾烈を極める。


最初は美味いと言いつつも、終盤は文句を垂れるtaka。

突っ込みが忙しいaria。

次第に元気を無くすにゃー。

会場は荒れ放題だ。


みるみるうちにペースを落とし、夏場にもかかわらずアイスストレッチを行うにゃー。彼は風邪を引いていた。ちなみにariaも引いていた。


さらににゃーは競技中に謎の口内炎(?)を発症。闘いはクライマックスを迎える。ariaはなんとエターナルフォースブリザードを達成したのだが、残念ながら誰も見ていなかった。ただ、カメラだけが事実を知る…。



※続きます

辛い闘いもようやくフィナーレを迎える。

先に全本クリアしたのはaria選手。
次にtaka選手がクリア。
最後ににゃーがクリアした。得意技のディフェンダーや新技のバーベキューを披露したにゃーだが、クリア後はその場にうずくまってしまった。その後の大会進行はariaが引き受ける。



何はともあれ、無事終了を迎えた第13回大会。
この模様はニコニコ動画で近日アップされる予定だ。



記事:氷澤 藍洲
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。