スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上級テクニック「アイスストレッチ」解説

にゃーです。今の今までやってなかったので、バトルアイスにおける上級テクニックの解説をやりたいと思います。

まず第一回目は百科事典で一番最初に出てくる「あ行」の技、アイスストレッチから。

※BI公式HPより抜粋
【アイスストレッチ (あいすすとれっち)】
コールドの適性をうまく活用したtaka選手発案の技。

競技中に外のフィールドへ移動し、ストレッチを行う。その際アイスは持っていても持たなくてもよい。ストレッチにより冷えた体を暖める効果が期待できる。


念のため、コールドについてもおさらいしときましょう。


【コールド (こーるど)】
09年シーズン4月より新たに適用された制度、及びそのテクニックを指す。

競技中にN・ウォームによって温まってきたアイスを屋外フィールドに持ち込み、冷やすことが出来るようになった。

ちなみに扇風機やクーラーを利用したコールドは厳禁。使用可能期間は無く、いつでも使用できるが、屋外が存在する大会(車内競技など)でのみ使用できるものとする。


今時期は夏に差し掛かっているので、このテクは全く使う機会がないのですが・・・来る低温期間のためにも、備えあれば嬉しいな!というわけで。


さて、このアイスストレッチ。ストレッチの方法については特に決まりがありません。要は身体が冷えてきたら屋外へ飛び出し、身体を満遍なく動かせばよいのです。屈伸・柔軟なんでもござれ。

うまくこのテクニックを使えば、アイスはコールドの作用で冷えるし、競技者の身体は運動によって暖まる・・・
すなわち矛盾した効果が得られます。逆にあまり身体を動かしすぎると場合によっては体力を消耗してしまうので要注意。

身体の動かし方がわからないよ~!というアナタ。
まずはNHKのストレッチマンを見て勉強しましょう。それでもしっくりこないアナタ。

いつの日か、バトルアイス体操を作るのでそれをやってくださいな。

以上、にゃーでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。