スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回バトルアイス会議報告 続き

数ある上級テクニックもポイント要素に使わねばならないところ。しかし1から全ての上級テクニックに10点とか25点など獲得ポイントを配分するのは非常に手の掛かる作業です。
それに代わり、上級テクニックにランクを設け、ランクに応じたポイントを付けていく方が良いと判断しました。

とりあえずは
ランクA・B・C
ずば抜けて難しいEFBなどはランクSにする…という感じで、これから進めていきたいと思います。

しかし、現在のバトルアイスでは記録係という役割がありません。ジャッジに関してもそうなのですが、全て自己責任/申告というルールです。そのため、自分がどの上級テクニックをどれくらいやったのか…などを記憶していく必要があります。

とにかく、バトルアイスの従来のセオリーを変えていくべきか?というのが今会議の会長による大きな課題点でした。

ヒト対アイス
から、
ヒト対ヒト
または
アイス対アイス

という風に…


少なくとも、バトルアイスを広めていく上では必要かつ避けて通れない部分であります。


今会議での結論は、ニコニコ動画での大会収録の際は「制限時間」を設けてみる方向で決まりました。また、収録しない通常の大会(来月の新十津川大会など)は今まで通りのバトルアイスを行う、というもの。

メンバーからは、「今まででも向上心は変わらずある」という嬉しい意見も頂けました。これから先、バトルアイスは「魅せる部分」を強めていきたいと思います。
これからの活動にご期待下さい。
スポンサーサイト

第7回バトルアイス会議報告

少し遅くなりましたが、先日の会議レポートです。



2009年11月17日、火曜日。以前、バトルアイスの大会動画を収録した市内某所にあるtakaスタジオにて第7回バトルアイス会議は開かれました。


会議に出席したメンバーは
にゃー
aria
taka
に加え、
Yuu
Come(仮)
ゆーくん
の三名、計6名が参加。この三名は当日を以て、日本バトルアイス協会の新メンバーとなりました。


まず初めに取り決めたのは来月12/5に控える新十津川大会について。この日はバトルアイスが公式競技化を果たしての初の大会を行った、記念すべき日であります。よって、毎年恒例の大会というわけです。

とりあえず現時点ではメンバー各員の予定が決まっていない(勤務先のシフトなど諸事情による)ため、それらがハッキリ次第、計画を練り直すことになりました。


次に、新たに加入した三名の新メンバーのHN(ゆくゆくネットなどで活動していく際の名前)を決定。とりあえずは先述の通りになりました。

役職などについては、追々取り決めていく方向です。


続いて、会長にゃーからの「ちょっとした提案みたいなもの」をプレゼンする前に、現時点でのバトルアイスに対する意見や不満点などをメンバー各員から聞いてみました。

・大会開催ペースを増やしたい(月1が理想的)

・公式ブログ更新頻度の向上

・宣伝活動の強化


が挙げられました。宣伝活動の強化について、技術部長であるtakaにはこれから先、大会動画をニコニコ動画以外でもアップしていってもらう…という事に。


そして会長によるプレゼンが行われました。
「バトルアイス改革の時。」と題されたプレゼン内容はずばり、「ポイント制の導入」について。

そもそもポイント制が無いことをウリにしてきたような部分もある今までのバトルアイス。これでは本末転倒では…?という懸念もされかねません。しかし我々はバトルアイスのプロであり、それを自覚すべく「プロらしい」スポーツをするべきではないか、という会長の意見です。

今までの大会は「ただアイスを沢山食べ続け、ダベッて終わり」というもの。厳しい見方をすればこうなります。確かにこれは楽しいのですが、熱さに掛ける内容でもあることは確かです。

続きを読む

9.14 第6回バトルアイス会議報告まとめ(mixiの改変版)

今会議は、沼田町で行われました。参加メンバーはにゃー・タカ・ariaの三名。

今会議の提案の中で「活動報告の範囲拡大」というのが出ました。

よって、今までコミュや公式ブログ、公式HPのみでの報告となっていた大会レポートや会議報告もmixiの日記(主ににゃーの)という場をお借りしてさせて頂くという事となりました。ご了承願います。


まず、活動報告範囲拡大及び活動勢力の拡大について。現在公式ブログの執筆活動人数は実質的に今会議に参加した三名で行っていましたが、今後はコミュの参加メンバーにもやってもらえればと考えております。


副会長のpecoはもちろん、いとはさんや先日加入頂いた新メンバーの方々にもブログを通した活動をお願いしたいという事です。

もちろん強制ではなく、また頻繁にブログ執筆をしてほしいと依頼するわけでもありません。

日本バトルアイス協会メンバーとしての繋がりを確実にしたいという方針の一環と考えて頂ければ幸いです。


一応、ブログには希望参加制という事にしますので、「ブログ参加してもいい!」とお考えのメンバーは、にゃーまで連絡願います。他メンバーを通しての連絡も可です。

その際は、メールにてブログのパスをお伝えします。



ブログ活動内容ですが、これは実際に加入してから追々伝えていきたいと思います。ですが、バトルアイスについて全く知らない若しくは大会未参加のメンバーにも「バトルアイス」についてならなんでも良い(疑問や想像でも)ので、執筆活動を手助けしてもらえれば幸いです。


…つまり今後の公式ブログの活動方針は「様々な視点から見るバトルアイス」という事になります。


新たな計画ですが、「技の説明動画製作」を企画しました。ニコニコ動画でも現在アップされております「バトルアイス説明動画」と同じ様なニュアンスで、今度はバトルアイスの上級テクニックについて…というアプローチで動画を作る予定です。詳しい活動開始時期は未定。

今まで上級テクニックというものは、公式HP内の百科辞典で調べたり、または実際に大会に参加して他選手が繰り出した技を確認する…という方法でしか知ることが出来ないと思います。

現在ニコニコ動画にてアップされております「バトルアイス大会動画」でもまだ上級テクニックは使用されておりません。

百科辞典で調べるにしても、文章のみでの解説となるために未経験者(実際に技を見たことが無い方)では理解に限界があります。

説明動画を製作することにより、イラストでもっとわかりやすく上級テクニックについて知ることが出来るはずです。

もちろん、今後の大会動画収録でも上級テクニック発動を狙っていくのは言うまでもありません。


現時点では実際に実演した動画を収録するのが理想的なのですが、これは都合もあるために今回は「繋ぎ」的な意味も含めてイラストでの解説を思案しました。



来年になりますが、兼ねてから希望のあった札幌大会開催について。
今回の会議で、日時は未定ながらも、流れだけは決まりました。


アイスは現地調達が無難ですが、公式推奨のシャトレーゼさんが札幌郊外にしか無い事もあり、開催場所によっては本大会はコンビニなど、他の所からアイス供給を受けるかもしれません。


開催場所ですが、会議では幾つか候補が出ました。恐らくこの中から決定となる方向です。

1.大通
2.ガトーキングダムサッポロ
3.豊平川
4.駅前


場合によっては前哨戦と題した本大会前の競技(大会)開催もあるかもしれません。


確定事項ではありませんが、駅前でバトルアイスCMの撮影を企画しています。内容は現在アイデアが飛び交っている最中。進展あり次第、追って報告致します。



以上で、第6回バトルアイス会議報告を終わります。
質問などありましたら連絡お願いします。
長々と読みにくい文章であったことをお詫びします。




日本バトルアイス協会
会長 にゃー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。